小学生名人戦

小学生名人戦静岡中部予選の手伝いに行ってきました
れんと君けんすけ君ふうま君は順調に予選を通過しましたが
なんと決勝―トーナメントは3人が同じブロック
生き残りをかけた戦いでれんと君が勝ち上がり
ベスト4に入りましたが
けんすけ君との戦いで力を使い果たし4位に終わりました
しかし、4位までが通過なので県大会では頑張ってくれるでしょう
ふうま君は実力を十分発揮しましたが上級生たちに交じって
勝抜くことは少し大変だったようです
力をつけていることは明らかで
終盤のぎりぎりの受けの強さや落ち着いた指し回しは見事でした
対局時の眼差しを見ると集中力の高さがうかがわれ
以前、よしと君がロゼで大活躍した時を彷彿とさせます
年明けのロゼでは期待できるかもしれません
平成30年12月9日(日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月例会

コメントをいただきました
「富士宮の大会では清水区の小学生が5人も行っている。
保護者も行っている。
アイセルの大会に清水南の中学生も行っている。
清水区で生涯学習交流館を使って月1回の月例会はできませんか。
シニアさんありがとうございました
月一回ではないですが以前小学生の例会を十数回行いました
永本さん(当時県下無敵の小学生のお母さん)にお手伝いして
いただきました
(その後)世界チャンピオンになった高橋君や大城兄弟、
有留兄弟、山本兄弟などの強豪も来てくれましたが、
毎回他地区から来てくれた強豪は金子君くらいでした
やはり他地区の参加がないと身内の例会になってしまうので
その辺が難しいかと思います
近く、浜松の子供達との交流戦をお願いしていますので
それが全県に広がるといいなと夢見ていますが
難しいかもしれません

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広小路王将戦

三島の広小路王将戦で
ふうま君がB級優勝しました
最近各地で活躍していますね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

詰将棋

詰パラの簡単な133手詰を解きました
けんすけ君れんと君ふうま君にも解いてもらいましたが
少しのヒントでみんな解いてくれました
長手数物が解けるわけが無いという呪縛から逃れ
詰将棋の面白さを知ってくれるとありがたいです
れんと君は松田さん中島さんという清水トップと対局し
互角の勝負を繰り広げました
小学生名人戦も期待できそうです
平成30年11月17日(土)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高部交流館将棋教室

高部交流館将棋教室に行ってきました
辻ママさんとひさと君が指していたんですが
辻ママさんの勝負手を躱して勝勢になったところで
けんすけ君が辻ママさんと交代
私が全く見えなかった勝負手を駆使して逆転
今度は私がひさと君と交代して指し継ぎました
こちらが不利ですが怪しい手を繰り出して混戦を狙います
ところがけんすけ君は今までのように才気走った手ではなく
読みの裏付けのある着実な鋭手で迫ってきます
こちらも全力で凌いで攻め合いに持っていきます
有段者を思わせる寄せにぎりぎりで躱し
入玉して辛抱しますが
全く手が緩まず最後はきれいな即詰みに討ち取られました
今までは自分の才能に振り回されていた感もありましたが
一皮むけた様子です
富士ロゼは期待しているぞ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

研究会

若手精鋭を集めて研究会を始めましたが
今日は児玉君と瀧野君に来てもらい
高部生涯学習交流館でリーグ戦を行いました
若手は最新の戦型を出してくるので
驚きもしますが大変勉強になります
平成30年10月28日(日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職団戦

職団戦で静岡の労政会館に行ってきました
B級で出場してチームはなんとか3位でした
個人は全勝できましたが苦戦の連続でした
同好会の部にはキッズとペアレントチームが出場しました
れんと君は見事勝越し、よしと君も2勝を挙げました
ペアレントはコミママさんが勝ち星を挙げました
ツジママさんは勝勢の将棋でしたが追い込まれ
ぎりぎりの寄せ合いで頓死を喰らわされました
惜しい!
みなさんお疲れ様でした
平成30年10月14日(日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤旗名人戦

赤旗名人戦清水地区予選で江尻交流館に行きました
A級には私と児玉君、横山君が出場しました
他地区からも含め強豪ぞろいで
一昔前とは比べ物にならないレベルの高さを感じました
私は元小学生名人に負けるなど勝越しがやっと
横山君は一敗でプレーオフに進出しましたが力尽きました
B級にはれんと君、けんすけ君、ふうま君が出場しました
こちらも他地区の強豪小学生が来ていましたし
そもそも私と変わらない清水の上位者も出場しています
そんな中れんと君が優勝、けんすけ君が準優勝と
県大会に駒を進めました、素晴らしい!
県大会でも頑張ってください
二人ともA級に出ると言うのを説得してB級に出たのですが
(高い志に驚きました)A級でもよかったのかも
ふうま君はけんすけ君を倒す殊勲をあげました
年明けの富士ロゼ低学年の部は期待できそうです
みなさんお疲れ様でした
平成30年9月30日(日)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

VS

児玉君に拙宅に来てもらいVSをやりました
切れ負けを30年以上やってきて
その弊害で弱くなったことがわかったので
誰かに長時間で教えてもらおうと思っていましたが
児玉君が長考派で力もつけてきたので
骨身に染みる猛稽古をつけてもらいました
2時間持ちの切れたら1分の秒読みで指しました
1時間を超える持ち時間は私も初めてのこと
指してみてわかったのは長時間指す体力が必要であること
仕掛けまでに双方1時間消費してじっくり読み合いましたが
中盤以降は(昼食休憩を経て)脳が少し疲れた感じで
きっちりした読みがなかなかできませんでした
しかし朝から夕方までの将棋は充実していて
少しプロの気持ちがわかったような気がしました
平成30年9月17日(祝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研究会

児玉君、横山君、古畑君の若手三強を呼んで
高部交流館で研究会をやりました
児玉君がこの変化はソフトに評価させていて
有力な手順と言うのでほかの二人にも聞くと
やはり同様に使っているそうです
私たちの時代は定跡書のウェイトが大きかったですが
時代はAIなんですね
高校の大会は秒付きなのでそれに準じた持時間にしましたが
私の準備が悪く、一台の対局時計の電池が切れてしまい
急遽アナログの切れ負けで長めの持時間で一局指してもらいましたが
長考派の児玉君は優勢の将棋で切れ負けてしまいました
すみません、次はしっかり準備しておきます
平成30年9月9日(日)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«駒落ち戦