詰めパラ

最近将棋が弱くなったようなので
鍛え直すために
詰将棋パラダイスの購入を始めました
子供達にもちょうどいいと思ったので
詰将棋保育園と幼稚園の問題を宿題にしました
よしと君は時間をかけてしっかり取り組んでいるようで
同じ問題を古畑君にも出題しましたが
簡単には解けないようで家に持ち帰りました
よしと君は一時間近く考えて解いたようです
JT杯は期待できるかもしれません
平成29年6月10日(土)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高部交流館将棋教室

高部交流館将棋教室に行ってきました
倉敷全国大会に向けて対局時計も使いました
れんと君はしょうた君に二枚引いて対局しました
流石に二枚は手合い違いだろうと思いましたが
しぶとく受けていきます
それでも飛車に侵入され
玉を追い回されて薄氷を踏みながら凌ぎます
しょうた君も寄せは強いので段々受からなくなっていきますが
秒読みの中ギリギリまで読みを続け
相手玉にも嫌味をつけながら攻め合いの形に持ち込み
一瞬しょうた君の攻めが重くなった瞬間をついて
詰めろ詰めろを続け最後には必至をかけて
逆転勝ちしました
この将棋を勝てるなら大抵の将棋には勝てるでしょう
倉敷王将戦全国大会も期待できるかもしれません
平成29年6月9日(金)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマ竜王戦

竜王戦静岡県予選に行ってきました
予選落ち(;゚Д゚)
子供達が目茶苦茶強いようですが
そこまで行けずに敗退しました
また修行のし直しです
追伸:詰将棋作家横内君の素晴らしい作品を拝見しました
平成29年5月28日(日)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高部交流館将棋教室

高部交流館将棋教室に行ってきました
倉敷王将戦の持ち時間が分かったので
20分30秒で何局か指すようにしました
やはり低学年では20分をしっかり読むのは難しいようで
5分くらいで形勢が傾いてしまいます
時間の違いはルールの違いも同然なので
全国大会までに慣れてもらう予定です
しょうた君は優勝者のれんと君と指してみましたが
急激に強くなっているようで、いい勝負でした
来年の低学年の部も期待できそうです
平成29年5月12日(金)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉敷王将戦静岡県予選

倉敷王将戦静岡県予選の応援で
県福祉会館に行ってきました
低学年の部はれんと君とけんすけ君の決勝となり
れんと君が優勝し、二人とも静岡県代表として
全国大会出場と言う望外の結果になりました
予選から苦戦の連続で、どの対局も紙一重
不断の努力が結果を出してくれたように思います
おめでとうございます
ほかのみなさんも頑張りました
父兄のみなさんもお疲れ様でした
平成29年5月7日(日)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

詰将棋選手権

詰将棋選手権静岡大会でグランシップに行ってきました
私好みの問題が多く全題正解で優勝することができました
これで3連覇になりました(^◇^)
ドリプラに行って古畑君とりかさんに出題しましたが
不思議なくらいりかさんが正解筋に手が行きます
腕力がないので詰ましきる部分は古畑君が決めますが
意外とセンスがあるのかもしれません
後は日々の精進ですね
平成29年4月8日(土)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリプラ将棋処

ドリプラ将棋処に行ってきました
久々にりょうすけ君とさとし君が来てくれました
二人で対戦したり
強くなったよしと君と数局指していました
先月までの三ヶ月でドリプラ王将戦をやりましたが
よしと君が二位を圧倒的に引き離して優勝です
おめでとうございます
カトパパさんと六枚落ちを指しました
上手ペースで勝ったと思う流れでしたが
絶妙の竜切りを指され持将棋にされました
終盤が随分強くなったようです
北川道場の3級を認定します
平成29年4月1日(土)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士宮将棋大会

富士宮将棋大会に行ってきました
芦川さんに予選本戦と往復ビンタを喰らい
やっとのことで三位に食い込みました
よしと君はBクラスで優勝
おめでとうございます
れんと君とけんすけ君は小学生の部に出場し
それぞれブロックを全勝で抜け
本戦決勝でれんと君が勝ち切り優勝
けんすけ君が準優勝でした
おめでとうございます
ちひろ君は志高くAクラスに出場しました
みなさんお疲れ様でした
平成29年3月26日(日)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三島広小路

今日行われた三島広小路名人戦で
よしと君がB級で優勝しました
おめでとうございます
平成29年3月20日(祝)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻庵

百田尚樹さんの「幻庵」を読みました
江戸時代の囲碁の小説(実録)なんですが
囲碁、将棋のような勝負を争う者の
心構えを教えてくれるようなところが有り
小説としても面白いですが
大変ためになりました
平成29年3月19日(日)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ドリプラ将棋処