小学生名人戦其の2

小学生名人戦で書き落しが有りました
失礼しました
昨年度低学年の部4位のしょうた君はどうなったんだ
と思った方もいたでしょう
しょうた君もふうま君も2連勝で予選を通過したんですが
なんと(水鳥拳)この二人が本戦一回戦で激突したんです
最近の感じだとほぼ互角と思える二人ですが
今回はふうま君に凱歌が上がりました
今年度は我が軍の潰し合いが痛かった
お疲れ様でした
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学生名人戦

小学生将棋名人戦静岡県中部予選に行ってきました
抽選をしたところ、なんと(水鳥拳)
一回戦でれんとVSけんすけ
しかも同じブロックに優勝候補最右翼の紅林君
今年度の倉敷王将戦県代表が3人揃いました
もう一人もそこそこに強い鬼ブロックでした
結果はれんと君が頑張って通過しましたが
決勝トーナメントでは上級生の壁に阻まれました
ふうま君は交流戦低学年の部に出場
見事3位に入賞しました
おめでとうございます
みなさんお疲れ様でした
平成29年12月10日(日)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士宮其の二

北君にくやしい負け方をしました
序盤から苦しい局面を勝負手でひっくり返し
それからは優勢のまま必勝型になったのですが
切れ負けで北君残り5秒北川30秒
局面は相手に詰みが有り自玉は詰まない
詰みを読みきれず詰めろをかけたら
その手で自玉に詰み筋ができてとん死負けでした
敗因は常に自分が弱いことに尽きるのですが
本局は技術的には(時間も)勝てた局面で
冷静になれずにここせのような負け方をしてしまい
心の平静を保つことの大事さを思い知りました
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士宮将棋大会

富士宮の将棋大会に行ってきました
優勝候補(結果優勝でしたが)を倒しましたが
ほかで二つやられてやっと三位でした
平成29年11月26日(日)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

磐田将棋大会

磐田で将棋大会が有り
A2クラスでれんと君が優勝しました
Bクラスではけんすけ君が準優勝でした
おめでとうございます
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日大三島将棋団体戦

日大三島へ団体戦に行ってきました
鈴木さんとだいき君の活躍でチームは2位
だいき君は石垣名人中村名人と並ぶ全勝
私はぼろ負けで当て馬大将状態でした
格下の相手に(そう思っていることが間違いなのか)
何局も取りこぼし
得意の戦型への決定的な対抗策も示され
大リーグボールを打たれた星飛雄馬状態でした
よくこれだけ負けられるものだという感じで
どこか将棋のネジが緩んでいるようです
(@_@)
平成29年10月22日(日)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤旗名人戦

赤旗名人戦清水地区予選に行ってきました
県竜王や東部強豪までやってくる中
連敗スタートと生涯最悪の出だし
5位くらいに入りましたが
県大会辞退者が続きどうにか代表に
しかし、あまりの弱さに呆れかえる一日でした
(@_@)
平成29年10月8日(日)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリプラ将棋処

ドリプラ将棋処に行ってきました
変則将棋を指したのですが真ん中(五段目)についたてを置いて
自分の陣形を好きなように並べてスタートするやつ
私の方は通常の初型というハンディ
まずはコミママさん、飛車香を中央に配置して殺到してきました
荒業をどうにか凌ぎ、これはいいかと思ってからが強い
竜と馬で受けつぶしにかかりますが、小駒の攻めが執拗です
最後は13手詰めを読みきられて寄り倒されました
実戦で長手数の詰みを読みきられたらとても勝てません
次はよしと君、似たような布陣で中央からガンガンきます
凌いで上手ペースになったかと思ったんですが
ぎりぎりの勝負になりました
最後に物量の攻めを喰らって詰まされ
「投了」した直後にとんでもない誤算に気付きました
私の玉を詰めるために飛んできた香の移動によって
私の角がよしと君の玉を直視しているんです
つまり自玉を王手状態にする反則
「投了」が敗着ということに気づくというとても悔しい状態でした
残念!(@_@)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三島広小路名人戦

ふうま君が三島広小路名人戦の
Cクラスで準優勝したようです
おめでとうございます
ふうま君は詰将棋の解図力が有るので
当然の結果かとも思いますが
大会の経験は少ないはずなので
お見事でした
平成29年9月17日(日)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8枚落ち

多分日本で一番こども将棋指導の優秀な
鬼斬転輪(小田切)さんのHPを観て
金銀桂香落ちが面白いと言うのでやってみました
ふうま君が下手を持ってまずはよしと君が上手
よしと君が「勝てるわけが有りません」と言うのももっとも
ふうま君くらいの力の下手に守備力の無い8枚落ちはキツイ
ふうま君が押し切りましたが上手も随分辛抱しました
次はれんと君が上手を持ちました
上手が辛抱を続け一か八かの勝負手が功を奏し上手勝ち
ここのところれんと君はかなり充実しているようです
最後はけんすけ君が上手を持ちました
なんと上手が一方的に下手を攻め潰しました
向き不向き、得手不得手というものが有るのかもしれません
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«三島広小路将棋