« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

高部交流館将棋教室

今日も途中から高部交流館将棋教室に行きました

Mさんが新二年生の女の子を連れてきてくれました

王手の練習をして詰みの概念を説明してから

頭金の詰みを理解してもらいました

新中学生のたいせい君とよしのり君はとても背が伸びて

いかにも中学生という感じですが顔つきも変わってきて

特にたいせい君は目に強い意志を感じました

リーグ戦は最終局のだいきVSりょうすけ戦が熱戦でした

だいき君は粘り強い棋風ですが今日は鋭い攻めが多かった

りょうすけ君は全体的に指し手が落ち着いてかつ鋭く

お父さんがもうかなわないと言うのもうなずけます

りょうすけ君の先攻にだいき君が鋭く切り返し

ねじりあいの好局が続きますが

最後はりょうすけ君が勝勢になりました

しかしだいき君は絶望的な局面でもあきらめず

5分10分と読み続け粘りの歩を打ちます

それでもりょうすけ君が銀で押さえれば必至ですが

強い意志で詰ますんだとばかりに王手をかけていきます

だいき君の最善の受けにりょうすけ君の錯覚も有り

ひょっとして大逆転かと思いましたが

最後はりょうすけ君に絶妙の銀捨てが有り(私は気付かなかった)

見事な即詰めに討取りました

勝者はりょうすけ君ですがだいき君の精神力はすごい

大人でもあきらめる局面で時間をかけて読み

自分からは土俵を割らない姿勢は私も見習いたいと思いました

これなら倉敷王将戦は期待できるかも(V)o¥o(V)

平成25年3月29日(金)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高部交流館将棋教室

今日は高部交流館で将棋教室でしたが

残念ながら駆けつけた時には終了していました

今日はだいき君が全勝で

りょうすけ君に勝った将棋を聞いたところ

だいき君の四間飛車にりょうすけ君の棒銀と

互いの得意型での戦いとなり

互角のさばき合いからだいき君が競り勝ったようです

けん君は残念ながら勉強が忙しくて来られなかったようです

平成25年3月22日(金)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高部交流館将棋教室

高部交流館将棋教室に遅れて行ってきました

今日はYさんが教室を進めてくれていました

私が行った時にはだいき君とりょうすけ君が全勝対決

序盤からりょうすけ君が圧倒していましたが

中盤も緩むことなく時間をかけ

万全の指し回しで勝利をものにしました

終了近くにけん君が駆けつけりょうすけ君と対決

けん君が大駒を取り切り優勢に進めましたが

りょうすけ君は堅陣を頼りに小駒で相手玉に迫り

ぎりぎりの局面でとん死に仕留め全勝を守りました

手空きのたいせい君は詰将棋を解きましたが

難しい5手詰めをすいすい解いて力を見せました

さとし君と一局指しましたが定跡をマスターしており

中終盤もバランス良く力をつけているようです

少し奇をてらう手が見受けられるので

そこを自然に指せれば一層強くなるでしょう

平成25年3月15日(金)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高部交流館将棋教室

今日は高部交流館将棋教室です

遅れて顔を出しましたが

皆さんがしっかり運営してくれていました

私が行った時にはりょうすけ君VSさとし君が最終盤で

りょうすけ玉が中段に逃げていますが受けずらそうです

これはさとし君が勝ったかと思いましたが

りょうすけ君が詰みを読み切っていて

角の捨て駒からきれいに即詰みに討取りました

問題として出せば難しくはないでしょうが

実戦で読み切るのはなかなか大変です

どの対局もそうですが、骨格がしっかりしてきた感じです

平成25年3月8日(金)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高部交流館将棋教室

3月1日は高部交流館将棋教室に行きました

私が(確実に)行ける最後の例会です

強い雨の中、さとし君のお父さんが来て面倒をみてくれました

さとし君はかなり力をつけてきたようで

あきひろ君とだいき君を攻め潰してそのまま押し切りました

りょうすけ君には先攻され、攻め合いを選びましたが

苦しい時に受ける力をつけるのがこれからの課題です

手空きの子は7手詰めを解きましたが

りょうすけ君がうんうん考えている問題を

あきひろ君が一目で解いたり

詰将棋は一目で見えるかがネックになったりします

皆が相当考え込んだ難問を最後にけん君が詰ませて

序盤だけでなく、寄せの力も見せつけました

私は次回から行けなくなるので(行けるときは顔を出しますが)

みんないい子で切磋琢磨してください

m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »